うら干物書き

ゲームを作っています。

UnityのCrossPlatformInputを使う その4 MobileAircraftControls編

 こんにちは、うら干物です。
 前回に引き続きUnityのCrossPlatformInputについてお話ししていきます。
 
 今回はMobileAircraftControlsのPrefabについてです。
 名前からして飛行機の操作に使えるのでしょうか。
f:id:urahimono:20160725163312p:plain


この記事にはUnity5.4.0f3を使用しています。

MobileAircraftControls

 MobileAircraftControlsは画面下に3つのボタン、そして左側にスクロールバーのついた作りになっています。
f:id:urahimono:20160725163318p:plain
f:id:urahimono:20160725163312p:plain

Prefabの構成について

 Prefabの構成は以下のようになっています。

  • Left
  • Right
  • Brake
  • Throttle
  • TiltSteerInputV
  • TiltSteerInputH
    f:id:urahimono:20160725163336p:plain
    f:id:urahimono:20160725163342p:plain
    f:id:urahimono:20160725163348p:plain
    f:id:urahimono:20160725163352p:plain
    f:id:urahimono:20160725163356p:plain

CrossPlatformInputの主な使い方

 ここでCrossPlatformInputアセットを使う際に、ユーザーに入力された値の取得方法について説明致します。
 これで3回目の説明になります。前回の記事のコピペなので知っている人は次の項目へー。
 CrossPlatformInputアセットにはいくつかのコンポーネントがありますが、スクリプトとしてはUnityStandardAssets.CrossPlatformInput.CrossPlatformInputManagerクラスのみアクセスすればOKです。
 CrossPlatformInputManagerクラスには多くのPublic関数があります。
 その中で以下の関数を扱えれば、CrossPlatformInputManagerは大体扱えると思いますよー。

  
// CrossPlatformInputManagerはUnityStandardAssets.CrossPlatformInputの名前空間にあります。  
// 下記はusing UnityStandardAssets.CrossPlatformInput;を使用しています。  
  
// 指定したAxisの情報が存在するかを調べる。  
bool axisExists     = CrossPlatformInputManager.AxisExists( "AxisName" );  
  
// 指定したButtonの情報が存在するかを調べる。  
bool buttonExists   = CrossPlatformInputManager.ButtonExists( "ButtonName" );  
  
// 指定したAxisのパラメーターを取得する。  
float axis          = CrossPlatformInputManager.GetAxis( "AxisName" );  
  
// 指定したButtonが押されているか調べる。  
bool button         = CrossPlatformInputManager.GetButton( "ButtonName" );  
  
// 指定したButtonが押した瞬間か調べる。  
bool buttonDown     = CrossPlatformInputManager.GetButtonDown( "ButtonName" );  
  
// 指定したButtonが上げられた瞬間か調べる。  
bool buttonUp       = CrossPlatformInputManager.GetButtonUp( "ButtonName" );  
  

使用されているコンポーネントについて

 DualTouchControlsでは以下のコンポーネントが使用されています。

  • TiltInput
  • ButtonHandler
  • InputAxisScrollbar

 各コンポーネントについては次に説明します。

TiltInput

 傾きを取得するコンポーネントです。そのためモバイル端末上でないと処理をチェックできません。
 MobileAircraftControlsでは、TiltSteerInputVTiltSteerInputHで使用されています。
f:id:urahimono:20160725163426p:plain
 以下設定できるパラメーターです。

  • AxisMapping
    傾きの値を、
    指定したAxis名として登録して使用する
    バーチャルパッドの指定した座標として使用する。
    かを選択できる。
  • TiltAroundAxis
    ForwardAxis:Z軸の傾きを取得する。
    SidewaysAxis:X軸の傾きを取得する。
  • FullTiltAngle
    取得できる最大の角度。ラジアン値ではなく角度。
  • CentreAngleOffset
    取得した角度にオフセットとして足される角度。これもラジアン値ではなく角度。

ButtonHandler

 ボタンの状態を取得するコンポーネントです。
 CrossPlatformInputでは2つの使い方をすることが出来ます。
 MobileAircraftControlsでは、LeftRightBrakeで使用されています。
f:id:urahimono:20160725163445p:plain
 以下設定できるパラメーターです。
 
* Name
ボタンの名前。

 ButtonHandlerではEventTriggerに設定されている関数によって取得できる値が変わります。
 MobileAircraftControlsでは以下の関数を使って値を取得します。
f:id:urahimono:20160725163459p:plain

  • CrossPlatformInputManager.GetAxis()を使用して、ボタンや状態によって-11または0が取得できます。

InputAxisScrollbar

 スクロールバーの状態を取得するコンポーネントです。
 MobileAircraftControlsでは、Throttleで使用されています。
f:id:urahimono:20160725163513p:plain
 以下設定できるパラメーターです。

  • Axis
    軸の名前。
    CrossPlatformInputManager.GetAxis()の取得で指定する。
    取得できる値は-11

サンプル

 DualTouchControlsを使って毎度おなじみの簡単なサンプルを作ってみましたよ。
 何かの参考になればと思います。

UnityのCrossPlatformInputを使う その4 MobileAircraftCont ...

f:id:urahimono:20160725163531g:plain

urahimono.hateblo.jp

urahimono.hateblo.jp

urahimono.hateblo.jp

urahimono.hateblo.jp

urahimono.hateblo.jp