うら干物書き

ゲームを作りたい!

1週間ゲームジャム「ぎりぎり」祭りのあと

 もう六月に入り、梅雨の季節になってきましたね。
 六月は祝日がないからあまり好きになれません。
 ですが、今年はこんなイベントが開催されたため、少しだけ六月が好きになりそうです。

 さあ、久々に一週間ゲームジャムが開催されました。
 私ももちろん参加しましたよ。
 今回で○回目の参加になりますね。

 ですがTwitterなどを見ていると、「はじめて一週間ゲームジャムに参加したよ」などと書いてあるほうが、ウケがよくバズりやすいみたいですね。
 なるほど、これは便利なワードですね。
 というわけで、
 はじめて一週間ゲームジャムに参加したよ!


この記事にはUnity2018.1.3f1を使用しています。
.Netのバージョン設定には.Net4.x (4.6相当)を使用しています。

 さて、今回の一週間ゲームジャムのテーマは「ぎりぎり」だ。
 だが私には思うことがあるんだ。

 剣で切り殺したり、ビームで撃ち殺したり、ドミノで押しつぶしたり、最近のゲームはあまりに物騒すぎる!
 もっとハートフルに遊べないだろうか。
 こんな混沌としたゲーム業界を救うにはこのジャンルしかない。

 スポーツだ!

 他人と競うという行為をしながらも、決して殺伐としないすばらしいものだ。
 是非とも今回の一週間ゲームジャムでスポーツゲームを作り、世のゲームファンの皆さんにスポーツのすばらしさをお伝えしたい。

 どのスポーツがいいだろうか。
 ここは野球がいいだろう。
 日本では最も知名度が高いと思われるスポーツだ。
 これならば、多くの人がルールを知っていてとっつき易いはずだ。

 よーし、そうと決まればすぐにでもゲーム作りを開始しなくては。
 思っただけでは駄目なんだ。実際に作り上げなければ。
 やらなきゃ意味ないよ

 まずはバッターを作成しよう。
 Unityには豊富なモデルがたくさん揃っている。
 これですぐにバッターが作れるはずだ。

f:id:urahimono:20180617131223g:plain

 出来上がりだ。
 作り上げるのに、体感時間的に120時間は掛けてしまった。

 いかん、時間がない。
 やむを得ないが、ピッチャーは少し手を抜こう。

f:id:urahimono:20180617131243g:plain

 このピッチャーをコピーして、他のディフェンスキャラクターを作ろう

f:id:urahimono:20180617131305p:plain

 しかし、私はこう思う。
 ピッチャーだけが球を投げるのは、わがままが過ぎるのではないだろうか。
 ただ突っ立っているだけじゃ、ディフェンスの人もいささか退屈なことだろう。

 ディフェンスの皆も球を投げるようにしよう!
 これでみんな仲良しだ!

f:id:urahimono:20180617131318g:plain

 さて、基本的なモデルは出来た!
 あとは、野球のルールを組み込無必要がある。

 しかし、野球なんてやったことないからルールなんて分かんないな。
 まあいいか、勘で作ろう!

 投げられた球をバットで打つと、ランナーが走る、というルールは知っている。
 すなわち、球を打ったらランナーキャラクターを生成して、走らせればいい、という処理を作れば良さそうだ。

f:id:urahimono:20180617131350g:plain

 ファースト、セカンド、サード、そしてホームという場所があることは知っている。
 多分順番にランナーを走らせればいいのだろう。
 そしてホームに到達すれば得点になることも知っている。

 アウトという概念があることは知っている。
 これが三個蓄積したら駄目だということも知っている。
 アクションゲームにおいて、プレイヤーが操作しているキャラクターに敵の攻撃が当たったらダメージを受けるというものがある。
 そこから、打者に球が当たったらアウトになる、という答えが導き出される。

f:id:urahimono:20180617131429g:plain

 デッドボールという概念があることは知っている。
 これが原因で乱闘になるという話も聞いたことがある。
 ガンシューティングにおいて、民間人を撃ってしまうとペナルティになるというものがある。
 そこから、走者に打った球が当たった場合は、相手チームの得点になる、という答えが導き出される。

f:id:urahimono:20180617131509g:plain

 よし、これでゲームが完成しそうだぞ!

 しかし、ここで悲しいお知らせだ。
 これは正しい野球のルールに則っていないことが分かった。

 野球ファンの方ならば、すぐにお気づきになったことだろう。

 そう、このゲームには、
 キャッチャーがいないのだ!

 忠実に野球のルールに則ってゲームを制作していたのに、この一点に関して組み込み損ねてしまった。

 だがしかし、キャッチャーがいないという点を除けば、このゲームはぎりぎり野球ゲームとして成立しているはずだ。
 そう、だから私はこう思うのだ。

 これはギリギリ、野球ゲームだと私は確信している!
f:id:urahimono:20180617131544p:plain

 そうなのだ。
 野球ゲームとしての完成度が下がってしまったことにより、今回のゲームジャムのお題を達成することになってしまったのだ。
 なんとも皮肉な話である。

 この野球ゲームをunityroomにアップロードし、波乱万丈の一週間に終わりを告げた。
これはギリギリ野球ゲームだと私は確信している | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

f:id:urahimono:20180617131602g:plain

 そして私はunityroomを見てこう思うのだ。

 何故このお題で野球ゲームが被るのかと。
f:id:urahimono:20180617131649p:plain

 この事実は私の心に大きな影を落とした。

 やはり私は、六月を好きになれそうにない。