うら干物書き

ゲームを作っています。

【UE4】ぷちコンに参加したくて #12(終) ゲームが出来た。参加できた。

 何とかゲームが出来たー。
 短いような長いような一か月だったけど、何とか出来たー。

 突貫につぐ突貫だったけど、形になりました。
 いやぁ、よかったよかった。

f:id:urahimono:20170327220601p:plain


この記事にはUnrealEngine4.15.1を使用しています。

 出来上がったゲームの動画がこちらになります。

youtu.be

 えっ、どんなゲームなのかさっぱりわからないって?
 そうなんだ。
 ぷちコンに参加している他の方の動画を見てみると、動画に字幕でゲームの説明などを記述しているみたいなんだけど、僕のには一切ないんだ。

 くっ、なんてことだ。
 まさか動画編集の能力まで必要だったとは……、抜かったわ。
 ゲーム説明の無い謎のゲームのプレイ動画になってしまった。

 まあ、例え動画に字幕を入れるスキルが僕にあったとしても、きっと入れる余裕は無かったよ。
 ゲームが出来たのが26日の日付をまたいだあたりだからなぁ。
 ぷちコン応募受付:2017年2月17日~2017年3月26日(27日の夜明け)
 ()の部分が無ければ、間に合ってなかったからなぁー。

 さて、今回のゲームを作りながらUnrealで学んだことを振り返ってみましょう。

 まずはこの受付の部分です。

f:id:urahimono:20170327220726p:plain

 この受付台の上に乗ると、入り口が開いてお客さんがお化け屋敷の中に入ることが出来ます。
 ゲームタイトルである「ワンマンお化け屋敷」を象徴するギミックですね。
 受付も自分がやって、お化け役としてお客さんを驚かせるのも自分がやる。
 ギミック仕組みそのものは参考書にもあった、ボタンを押したら扉を開くブループリントを利用しています。

f:id:urahimono:20170327220749g:plain

 このことについてゲーム中では一切説明してないぞ!

 つづいて、今回のぷちコンのお題である「サプライズ」部分について。
 お客さんの視界に入ることで、お客さんは驚くぞ!
 視界に入ったかの判定には、参考書通りに一本のレイを飛ばしているだけなので、結構近くにいても気づかれないぞ!
 驚いた後は、お客さんはしばらく警戒モードになるので、一時的に驚かなくなります。

f:id:urahimono:20170327220858g:plain

 お化けの衣装は三種類あり、各お客さんは一度驚いたお化けでは驚かなくなるので、その際は別のお化けの衣装で驚かせる必要があるんだ。

f:id:urahimono:20170327221005g:plain

 このことについてゲーム中では一切説明してないぞ!

 お客さんにお化け屋敷を楽しんでもらうのがこのゲームの目標だ。
 左下に来店したお客さんの評価が表示されているよ。
 たくさん驚かせるとお客さんから高評価がもらえるぞ!

f:id:urahimono:20170327221103p:plain

 もちろん驚かせてばかりで受付をサボると、お客さんが来店できないので、こまめに受付まで走る必要があるんだ。
 ちなみに受付にはコントローラーのボタン一発でワープすることが出来るぞ!

f:id:urahimono:20170327221155g:plain

 もちろん、このことについてゲーム中では一切説明してないぞ!

 あと、モデルやら音源やらはサンプルからごっそり持ってきました。

 ふぅ、こんなところでしょうか。
 大変でしたが、楽しくゲームが作れました。

 またUnrealでゲームを作ろうかな。